読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

much better 

京大卒のキワモノたちが金融、働き方、テクノロジー、最新の海外情報などを、アレコレと好き勝手に配信するブログメディア

アリババって盗賊?11月11日ってポッキー?独身の日売上2兆円で世界が震撼する

テクノロジー トレンド 海外情報
スポンサーリンク

f:id:jingumaruta:20151110223938j:plain
まもなく11月11日アリババが世界を震撼させる「独身の日」がきます!
日本では全く気にしていない人もいますが、アリババが一日で売上2兆円を間違いなく叩き出すんですよ。これに何も思わない方が驚愕です。

アリババって盗賊の?

さてそもそもアリババ社とは何かピンと来ない方は、アリババ本社に訪れた際のレポートも含んだ下記記事をぜひご覧ください。
risokyo.hatenablog.com

アリババ社については大学生以上であれば知っておいた方が良い、いやむしろ知らないと恥ずかしいです。
元は中国で生まれたIT集団ですが、いまや世界最大規模のIT企業です。

2014年にアメリカNYで上場を果たした同社は株主の9割が外国人ですが、その収益の8割以上を中国国内で生み出しています。
以下の記事の通り、直近ではやや不安要素も露呈していますがその成長スピードは健在です。
zuuonline.com

11月11日はアリババのキャンペーンデー

また特に社会人は11月11日がポッキーの日と思ってはいけません。その理由については下記記事をどうぞ!
risokyo.hatenablog.com


上記記事をご覧頂いた方は事の重大性を十分お分かり頂けたでしょう。面倒で読んでいない方も、11月11日当日ニュースを見てください。間違いなくあらゆるメディアがアリババ一日で売上2兆円*!と報じている事でしょう。*3兆円いくかもしれません。

あくまでオンラインショッピングモール(天猫:T-mall)での取引額がその規模であって、アリババ社の純粋な売上ではないとはいえ、その額は尋常ではありません。日本の楽天市場やあのEC業界の巨人・アマゾンさえも霞みます。

中国経済の明るい未来を示すか

一時は中国経済も非常に不安要素を露呈しました。
lacucaracha.hatenablog.com
こちらのらくからちゃさんの記事でもそれについて非常に分かりやすく記載されています。

ただ、11月11日「独身の日」に予想通りもしくはそれ以上の数字が出て来ればまだまだ中国経済は元気ですよ。裏を返せば、今やアリババ社だけでなくライバルのJD.comなどでもキャンペーンが実施されている11月11日の結果が期待を下回れば、中国経済は本格的に危ないと思います。

少なからず社会で働く方はこちらの動向をチェックしてみてください!

アリババ社についてもっと知りたい方は個人的に以下の書籍がオススメです。結構中国に対する考え方変わります。



以上、jingumarutaでした。