読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

much better 

京大卒のキワモノたちが金融、働き方、テクノロジー、最新の海外情報などを、アレコレと好き勝手に配信するブログメディア

米アリゾナ州立大でMBAの学費が無料化!お金がなくても「志」ひとつでMBAが取得できる

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/72171040@N08/6793254052

こんにちは、ブランクファインです。

米アリゾナ州立大学W.Pキャリー・ビジネススクールでは、来年度から、経営学修士(MBA)プログラムの新入生全員に対し、学費を全額カバーできる奨学金を提供することを計画しているとのこと。

これはびっくり。

尖った経歴や目標をもった学生をひきつけることを目指すもので、新たなビジネス関係のカリキュラムも始まるようです。

米国MBAの学費はとにかく高い

いや、ほんと高いですよね、とくに米国のMBA。

最近では、米国でのMBAの取得が高すぎて、欧州で取得する例も増えているらしい。

米国だと、期間もだいたい2年のところが多いし、それだけ費用もかさむ。

それに対して、欧州MBAは1年とか15か月ってとこが多い。

あとは、最近はユーロに対してドル高だし、米国の学生からしても行きやすくなっているんだろう。

たとえば、オックスフォードのMBA、サイード経営大学院では、2008-2009年の米国人応募者は全体の122人だったけど、2015-2016年では、189人と増加傾向。

あとは、バルセロナのMBA、IESE経営大学院でも、米国からの応募は16%と、2012年度の12%を大きく上回る勢いだ。

実は全然国際的じゃない米国MBA

日本からしたら、米国のMBAってグローバル!って感じだけど、世界的に見たらそんな見方はされていない。

事実、ハーバードMBAは、外国人の比率が34%、スタンフォードは44%、実は米国人が大半なのだ。

一方、IESEは80%、サイードは95%に達している。

まあ、人口規模が違うってこともあるんだろうがね。

いずれにしても、アリゾナ州立大のMBA無料化はいい動き、どんどん拡がれ!

ね、ほんとどんどん拡がってほしい。これからは無料だけど、今までだったら、アリゾナ州立大のMBAって外国人だったら9万ドルかかってたらしい。

これは高い。

これじゃあ、卒業後返していくにしても、就職先として給料高い業界しか選べなくなる。

そら、断念するよね。

多様な人材を確保して、中長期的に大学の価値を高めるって観点からしても、無料化は素晴らしい試み。

最後に

今回の学費無料化の原資は、米国の不動産業界の有力者、ウィリアム・キャリー氏による寄付。

こういう風に、事業に成功した人が教育やらなんやらにどんどん寄付して、ただで世の中が回る仕組みができたらいいなって思いますね。

photo by UCLA Anderson