読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

much better 

京大卒のキワモノたちが金融、働き方、テクノロジー、最新の海外情報などを、アレコレと好き勝手に配信するブログメディア

【外資コンサルの仕事術】頭の中にあることをすべて紙に書き出せ

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/26400747@N03/3600298419

こんにちは、ブランクファインです。

本日は、頭のなかにあることをすべて紙に書き出すことの重要性について、説明したいと思います。 

頭の中にあることを紙に書き出せって言われて、ほんとに書き出す人は成功できるよ、どんな分野でもね

これ、ほんと重要です。

ビジネス書や自己啓発書でも良く出てくる、ほんと定番の考え方だと思います。

ですけど、みなさんやってます?

やってないでしょ。

僕も、周りの人でやってる人みたことないです。

夢を紙に書けって言われて書けないくらい行動力がないから、なにもかもうまくいかないんだよ、小さな行動を起こすのだ

目標を書くとか夢をノートに書くとかも、なんかそんなんでうまくいくわけないじゃんって考えてしまって、ほとんどの人がやらない。

知り合いの編集者ちゃんにも薦めるんだけど、なんか拒否する、胡散臭いものを見る目つきで拒否する。まあ、彼女も効果はあるとは思うけどみたいな雰囲気をだしながら、でも拒否する、みたいな感じ。

なぜやらない?

そんなこともできないと、なんもできなくなるよ?

まあ、成功哲学本に書いてある方法はやだ!って気持ちは少しわかる。

意識高すぎだし、なんかきもちわりーって思うのはちょいわかるよ?

でもさ、ほんと有効だからまじでやって?

マッキンゼーのコンサルタントも薦める、思考を紙に書き出す習慣

最近、ってかちょっと前だけど、マッキンゼーの元パートナーの赤羽さんって人が出した本で、「ゼロ秒思考」って本がある。

ベストセラーになったから聞いたことある人も多いかもしれない。

その本の中で、赤羽さんはこれでもかってくらい、「頭のなかに浮かんだことをA4のメモに書き出せ」ってゆってる。

ってか、この本ベストセラーだけど、それしかゆってないよ?

でもほんとに重要。

すべてを書き出せ、すっきりする、頭が働く、信じられないほどに!

なんちゅか、抱えているタスクとか、悩みとか、不安とか、モヤモヤとか、全部書き出すんですよ。

すると、見えるようになる、見えるようになるんだよ。

見える可されてくると、頭のなかでの堂々めぐりがなくなって、すっきりする。

目をつぶろうとしてきたこと、考えないようにしてきたこと、でも実際は非常に気になっていたことがはっきり見えてくる。

まさに、自分を客観視するためのあぶり出しだよ。

思考を紙に書き出すのは、精神衛生上も非常に効果がある

なんか、紙に書き出すとすっきりする。

よく人に話をきいてもらってすっきりした、とか言ってる人いるじゃん?

あれと似たような効果が得られるよ。

とにかくすっきりする。

すっきりすると、前向きになる。

前向きって実は一番大事なことだよ?

常に前向きな自分でいるスキルっていうか、仕掛けっていうか、超一流はそういうところまでコントロールできてるんだよな。

スライド資料をつくるときも、手書きでドラフト書くのはいい習慣

あと、パワポでスライド資料つくるときも、いきなりパソコン向かわず、ノートにラフな下書きを書いた上でスライドつくったほうが、うまくいく場合が多いし、実際、コンサルティングの現場でも推奨されていたりする。

最後に

頭の中にあることを紙に書き出す習慣を身につけている人は、分野を問わず、結果をだしているように思える。

たとえば、サッカー日本代表の本田圭祐。

毎日サッカーノートをつけているそうだ。

また、彼は若いころは、部屋の壁に目標を張りまくって、つねに目標を意識できる環境をつくっていたらしい。

ほかの人は、そんなことやらないよね?

でも、彼はやった、やり続けたんよ。

結果、彼はいまの地位まで登りつめたわけだ。

他にも、例はたくさんあるけど、まあまた次回。

とにかく言いたいのは、頭のなかにあることをすべて書き出せって話。一気に頭が働きだすよ、信じられないほどに、まあ、お試しあれ。

以上、ブランクファインでしたー。

photo by sinkdd