much better 

京大卒のキワモノたちが金融、働き方、テクノロジー、最新の海外情報などを、アレコレと好き勝手に配信するブログメディア

転職するように結婚し、離婚する。そんな時代がやってくると思うな

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/27471353@N03/14213668917

こんにちは、ブランクファインです。

30歳近くになってきて、同じ年の女子たちが結婚を焦り始めました。

なんか、やたら結婚したい結婚したいと言うし、焦ってるんだが、その割に女性会という名の無駄話っていうか、謎の三十路の井戸端会議っていうか、無駄なことに時間を費やしている。

女子会にいかなければ、もっといい男と出会える時間も捻出できるだろうに。

リクルートに踊らされているな。乙。

周りから羨ましがられる男と結婚したい症候群

しかし、どうも結婚って幸せになるために、一度きりの人生を実り多いものにするためにするものと、本来的にはそういうものだと思うんだが、よく言われていることだけども、結婚すること自体が目的化してしまってるきらいがあるよなぁ。

それも、なんつーか、自分が好きな男っていうか、周りに評価される男みたいな、周りに羨ましがられる男と結婚したい女の子が増殖中な気がする。

前からそうかもしれないが。

周りの助詞や両親とかにいいじゃない!って言われるメンズと、とにかく結婚して、安堵したい、みたいな女子が多い気がする。

まあ、そんな女の子ばっかりじゃないんだけど、港区女子というか、六本木女子はそういう子が少なくない。

普通のオトコでいいのに、普通のオトコがいない症候群

あと、普通のオトコでいいのに、普通のオトコがいないってゆうフレーズをよく聞く。

普通のオトコってなんだよって思うし、まあ、考えるに、世間にとっての普通の、平均的なメンズってことなんかね。

あたしは高望みなんかしてない!普通のルックス、普通の年収、普通の性格のオトコでいいのに、いない。

いい男はいったいどこにいるの!?

みたいな会話が女子会とやらで流れているのではと推察なう。

日本人男性の年収は下がる一方。普通のオトコは絶滅危惧種

ただ、普通のオトコなんて、日本人の平均男性の年収はどんどん落ちてるし、港区女子と相性があうような六本木男子はちゃらいし、港区女子はアラサーくらいになってくると、ちゃらい男はいやというし、なんつーか、それでいて肥大化した自尊心は維持なうだし、高い教育を受けた男子がいいとかゆうし、なんかいろいろうまくいかないわけですよ。

オトコの優れた部分に目をむける自分をつくろう

あと、女子会でオトコの悪口をいいすぎて、オトコの悪いとこに目がいくようになってしまっているんじゃないのかね。

脳の構造がそっちにいってしまっている気がする。

人の優れた部分じゃなく、ダメな部分、不足している部分にばかり意識がいってしまうみたいな。

それはあかんよね。

いいところ見ないと、人間に欠点なんていくらでもあるから。

とことんいいところだけ見るくらいでもいいでしょ。

いかんせん、女子会の弊害だわ。

リクルートに踊らされているのかよ。乙。

離婚は当たり前になる。転職するように結婚し、離婚するようになる

まあ、とりあえず結婚結婚ってゆうて結婚するんだけど、いまや、一生ひとりのひとを愛し続けるってのがなんか、時代的に違う気がする。

もちろんそれも理想なんだけどね。

ライフスタイルもどんどん変わるし、家庭っていうのが昔は一番の柱というか、生活の中心だったけど、いまや一家の大黒柱って表現も見なくなったでしょ?

個人的な実感では、家族も家族だけど、フェイスブックとかラインでつながっているやつらとか、同じグループのやつらって、たぶん今後一生友達だし、これも家族みたいなもんじゃないだろうか。

家族もプラットフォームだけど、SNSもプラットフォームなのだから。

ホリエモンもそんなことを言っていた気がするよ。

結婚する自由、結婚しない自由が認められる社会

キャリアのように、転職のように、結婚も5年したら、お互い成長できましたね、次に行きましょう、みたいな時代が来る気がしてる。

少なくとも、結婚しない自由みたいなものは認められてくる気がするな。

いまってまだ、結婚してないと、あれ?みたいになるでしょ?

特に女子の場合。

でも、今後は変わる気がするな。

個人の自由が認められてくる気がする。

そうゆう多様性を認める社会になるのは、個人的にはいいことだと考えているよ。

結婚というガチガチに固められた規範を鮮やかに、軽やかに脱却していこうぜい。

以上、きんぐでした。

photo by Kaptah