much better 

京大卒のキワモノたちが金融、働き方、テクノロジー、最新の海外情報などを、アレコレと好き勝手に配信するブログメディア

俺がメルカリのCEOだったら、最終的にメルカリを銀行業にするよって話。

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/31479253@N02/5010079922
こんにちは、blankfeinです。
最近、メルカリについてのニュースを聞くことが多い。CEOの山田さんは、フォーブスジャパンの経営者特集でも1位に選ばれてたし、日本で唯一のユニコーンはメルカリだって意見もよく聞く。ユニコーンってのは、上場してないけど、企業価値が10億円を超えるようなスタートアップのことを言う。AirbnbとかUberみたいなサービスね。

 

メルカリは銀行サービスを展開すべきだと思う

メルカリは、いまのままでも十分成功してると思うし、現状赤字らしいけど、じきに黒字になっていくと思う。グローバル展開して、成功して、日本初の世界的プラットフォームになってパチパチパチパチみたいなシナリオだろう。
でも、blankfeinがメルカリのCEOだったら、メルカリを銀行業にして、さらに壮大なビジネスにしたい。どういうことか。メルカリは売上高とか流通総額に目線が行きがちだけど、実は出品者が商品が売れたときのキャッシュが貯まっていることに注目すべきで、このキャッシュがいわば銀行における預金みたいになってる。出品者も、引き出すのに手数料かかるし、ある程度お金が貯まるまでは引き出さないと思うんだよね。それに、銀行口座みたいに、メルカリ口座みたいなイメージで貯めていく気もする。blankfeinはクラウドワークスでたまに記事書いたりしてて、お金も振り込まれるんだけど、出金とか一回もしてなくて、貯金用口座みたいな感じで使ってる。この預金みたいな資金を使って、貸出とかできないかということだ。アマゾンもアマゾンレンディングってサービスとをやっているけど、そんなイメージ。

最終的には住宅ローンまで踏み込んで欲しい

メルカリとクラウドワークスみたいなプラットフォーム使って、住宅ローンなんかもできるんじゃないだろうか。っていうか、そういうサービスをどこか展開すべきだと思う。だって、現在の住宅ローンのシステムって、会社員には都合がいいけど、フリーランスには都合がよくない。別に、いまの時代、会社員だから安定してるとかじゃないし、フリーランスだから不安定とか自営業だから不安定とかいう時代でもない。むしろ、フリーランスのほうが収益源も多角化していて、安定しているとさえ言えるのに、なぜ住宅ローンの審査はこんな旧態依然としたシステムのまんまなのか?

フリーランスが気軽に住宅ローンを借りれる世の中をつくるべき

本来的にいえば、会社員とかフリーランスとかじゃなく、フラット35とかだったら、35年間、返済分の金額が滞りなく返せますかってとこを見るべきで、別にいまの時代、フリーランスでも安定的に稼げる仕組みはあるわけだし、メルカリとかクラウドワークス、特にクラウドワークスなんかは、クラウドワーカーがどういう取引先からどういう頻度でどういう仕事をもらってるか把握できるはずなんで、そういうデータ使って、個人の信用力を格付けして、このクラウドワーカーは信用力が高いから住宅ローンいくらまでなら貸せるとか、そういう仕組みを整えれば、最高にエキサイティングだ。まあ、こんなこと経営陣はとっくの昔に考えているのかもしれないけど。