much better 

京大卒のキワモノたちが金融、働き方、テクノロジー、最新の海外情報などを、アレコレと好き勝手に配信するブログメディア

意外とあんまり知られていないFacebook社の株主構成について調べてみたよ。

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/73344268@N00/6706291179
こんにちは、blankfeinです。
前回、アップルの株主構成について調べた記事を書きましたが、今回は、フェイスブックの株主構成について調べてみたので、共有したいと思います。

フェイスブックの株主構成

1位:Mark Zuckerberg(84.20%)
2位:ENTITIES AFFILIATED WITH FIDERITY MANAGEMENT(6.40%)
3位:ENTITIES AFFILIATED WITH BLACK ROCK,INC(5.20%)
4位:ENTITIES AFFILIATED WITH VANGUAD GROUP(5.00%)
5位:Jan Korum
6位:Sheryl K. Sandberg
7位:Eduardo Saverin
8位:Michael Todd Schroepfer
9位:Peter Thiel
10位:Marc L. Andreessen

1位は創業者のマーク・ザッカーバーグ

まあ、当たり前といえば当たり前ですが。これ最近財団に寄付したんだっけ?ちょい調べてみないとだな。まあ、でも、ネットで財産寄付したザッカーバーグすげえみたいな論調が多いけど、これは単なる節税対策だから、別にそんな褒められることでもないよ。日本でも、オーナー創業者たちはみんなやってることだよな。

2位-4位はファンドとかプライベートエクイティ

フィデリティ、ブラックロック、バンガードと続く。ブラックロックはアップルの主要株主の時にも出てきていた。ブラックロックが、ウォール街の覇者だみたいな話もあって、ここはまた改めて調べてみる必要がありそうな会社だよな。

5位のJan Korumは、ワッツアップ創業者

5位株主のジャン・コウムは、メッセンジャーアプリのワッツアップの創業者。ワッツアップについては、日本ではそこまで知られていないので、ちょっと引用する。www.nikkei.com

2月19日、米ワッツアップ創業者のヤン・クーム(37歳)は、同社を米フェイスブックに190億ドル(約1兆9400億円)で売却する契約に署名するのに、思い入れのある場所を選んだ。

本誌(フォーブス)によると、クームはワッツアップ株の45%を保有しているとされ、今回の売却で突如として68億ドル(約6800億円、税引き後)を手に入れたことになる。

6位株主はシェリル・サンドバーグ

シェリル・サンドバーグは、フェイスブックのCOO。グーグルからヘッドハントされてきたけど、まさかこんな株式を保有しているとは。

エドゥアルド・サベリンはハーバード時代のザッカーバーグのクラスメート。

共同創業者ですね。現在は、米国国籍を捨て、シンガポール在住とのこと。多額の納税負担を嫌ったものって、以前「ノマド化する世界」って本に書いてあった気がする。「ノマド化する世界」は、アクセンチュア出身の大石さんが書いた本で、かなりオススメです。

ピーターティールはなにげにフェイスブック初期から投資してた

投資家でペイパル・マフィアの一人して知られるピーターティールは、フェイスブックに初期から投資をしていたのは、何気にけっこうすごい。50万ドル出資して、10億ドルにしたそうだ。すげえええ。

Marc L. Andreessen

マーク・アンドリーセンは、米国のソフトウエア開発者。2008年にフェイスブックの取締役になったとの発表があり、そのころから株式保有を続けているのだろう。
ではでは、疲れたので、また今度。blankfeinでしたー。