much better 

京大卒のキワモノたちが金融、働き方、テクノロジー、最新の海外情報などを、アレコレと好き勝手に配信するブログメディア

意外!三菱UFJ傘下の「じぶん銀行」がインターネットで住宅ローンを提供

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/72098626@N00/8271602483
おつおつ、かつきんぐです。
三菱UFJ傘下の「じぶん銀行」がインターネットで住宅ローンを提供するサービスをはじめたようだ。キタキタキター。

じぶん銀行がインターネット×住宅ローンを提供

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151230/k10010356531000.htmlwww3.nhk.or.jp
ちょっと重要箇所を抜粋してみる。

  • 銀行業界では、住宅ローンの変動金利を過去最低の水準の年0.6%台に引き下げるなど、金利やサービスを巡る競争が激化
  • 本人確認をはじめ、審査に必要な書類はスマートフォンなどで撮影して専用サイトに登録する仕組み
  • 契約の成立までにかかる時間は最短で10日程度
  • じぶん銀行の伊藤真都史さん「手続きを早く済ませたいという利用客のニーズをしっかりつかんでいけば、支持が得られる」
  • みずほ銀行が、今月から新規顧客を対象に住宅ローンの事前審査から申し込みまでの手続きをネット上で見れるようにした。
  • 利用者は店舗を訪れなくても契約でき、店舗での契約より低い金利でローンを組むことができる

とね。

人口知能にとって代わられる可能性大

確かに利用者側からすれば便利になるし、銀行の住宅ローン担当者の仕事も楽になるしで良い試み。でも、これふつーに進展していけば、間違いなく、銀行の住宅ローン担当者のシゴトがなくなるし、喜んでる場合でもない気がしている。住宅ローンの融資って、けっこう画一性の高い業務だし、定型化されてる。個人格付のやり方も勤務先とか年収みたいな属性でワンパターンに決まっちゃうし。だから、そこらへんがピンチっていうのがひとつ。」

個人格付の仕組み自体を変えてほしい

あとは、もっとイノベーティブなことをやってほしい。たとえば、住宅ローンの審査プロセスじゃなくて、審査の評価基準自体を変えるとか。たとえば、いままでは勤務年数とか勤務先とか年収みたいなもので個人の格付スコアとか決まってたわけだけど、これにソーシャルスコアを加えるとか。で、ソーシャルスコアが良い人はさらに金利が安くなりますみたいな。そこまで踏み込んでいただくとめちゃ有難いし、銀行的にも収益的にも悪い話じゃないだろう。というわけで、ではでは、かつきんぐでしたー。