読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

much better 

京大卒のキワモノたちが金融、働き方、テクノロジー、最新の海外情報などを、アレコレと好き勝手に配信するブログメディア

2015年の新型iMacは初代iMacと比べて366倍速く、1,400万多いピクセルに

Apple テクノロジー
スポンサーリンク

f:id:tkcross:20151018220536p:plain

先日、2015年バージョンの新型iMacが発売されましたが、Appleは特設Webページ「あの時と今」を設け、現在の製品の優位性を説いています。

1,400万多いピクセル、62,000倍速いグラフィックス・・・

1998年の発売から17年、iMacは本当に速くなったし、綺麗になりました。

17年前の人が現代にタイムスリップしたらどう思うんでしょうか。ピクセル数は上がり、グラフィックス性能は良くなり、これらを保存するためにストレージも大きくなり、高い処理能力も備えました。

Appleによれば、過去と比較してiMacは以下の様な進化を遂げたと説明されています。

項目名 過去との比較
ピクセル数 1,400万多く進化
グラフィックス性能 62,000倍速く進化
RAM 1,000倍
ストレージ 750倍
処理能力 366倍

1つの揺るぎないこだわりを持って、究極のデスクトップコンピュータを作る

f:id:tkcross:20151018220715p:plain

「あの時と今」では、AppleがiMacにかける揺るぎない信念も記されています。

楽しくて使いやすく、それなのにパワフルで先進的なテクノロジーが詰まったコンピュータはiMacを除いて他にないと思います。

にしても、初代iMacっていま見てもカワイイデザインですね。やはり素晴らしいデザインは時代を超えて美しいと感じます。