読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

much better 

京大卒のキワモノたちが金融、働き方、テクノロジー、最新の海外情報などを、アレコレと好き勝手に配信するブログメディア

iPhone7はディスプレイが割れないよう、本体からプロテクターが飛び出す仕様になる可能性

Apple テクノロジー
スポンサーリンク

f:id:tkcross:20151023214501j:plain

Appleがまた新たな特許を取得したようです。

Apple Insiderは、AppleがiPhoneのディスプレイ縁からプロテクターが飛び出す特許を取得したと報じています。

その名も、アクティブ・スクリーン・プロテクター

f:id:tkcross:20151023214512j:plain

この特許はある意味で非常にアナログで、iPhoneの内部にプロテクターを装備することにより、iPhoneが落下した際にプロテクターが飛び出すというもの。内部に丸まったプロテクターはバネのような役割を果たし、ディスプレイを守ります。

どうやって落下を検知する?

f:id:tkcross:20151023214529j:plain

気になるのは、iPhoneがどうやって落下を検知するのかという部分ですが、Apple InsierによればiPhoneに搭載されている加速度センサーやカメラを使用することにより、地面が近づいてくる度合いを測定するほか、スピーカーなどの音響から音波を発し、その反響を計測することを想定しているようです。

iPhone7への搭載は?

新型iPhoneのディスプレイについては毎年議論されますが、強度に優れるという噂のサファイアガラスはiPhone6s/6s Plusにも搭載されることはありませんでした。

今のところ、iPhone7に搭載するか否かは分かりませんが、特許を取得したという点からはAppleが将来的にこうした構想を抱いている、または考えたことがあるということは間違いがありません。

たとえどんな材質を用いたとしてもディスプレイが割れるリスクはなくならないと思うので、この問題を抜本的に解決するという意味で、こういう方法があっても良いかもしれませんね。