読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

much better 

京大卒のキワモノたちが金融、働き方、テクノロジー、最新の海外情報などを、アレコレと好き勝手に配信するブログメディア

【2015年最新版】絶対に契約してはいけない格安SIM、爆遅四天王を組んでみた

スポンサーリンク

f:id:tkcross:20151106225255j:plain

大手キャリアと比較して割安の料金でスマートフォンやデータ通信が使えるとあって、このところ人気を集めている「格安SIM」。中にはかなり良いサービスもありますが、「安かろう悪かろう」な会社があるのも事実。

今回は「絶対に契約してはいけない格安SIM」という観点でまとめていきますので、「格安SIM」の導入を検討してる方はぜひ参考にしてみてください。

「楽天モバイル」「OCNモバイルONE」「So-net モバイルLTE」はマジで論外

IT関連メディア大手のITmediaが計測した結果を引用しますと、2015年9月の主要格安SIM各社の速度は以下のような感じになっています。

www.itmedia.co.jp

午前なんてどこでも空いているから結構速度出るんですよ。注目すべきは午後。

「楽天モバイル」「OCNモバイルONE」「So-net モバイルLTE」はマジで論外ですね。

「OCNモバイルONE」は一時期結構評判良かったんですが、ユーザー増加に回線の増設が追いついていません。このままでは正味使い物になりませんね。

「ワイヤレスゲート」と「ぷららモバイル」は遅いのをある意味許容して契約するサービスだからこんなもんでしょう。

このほど「mineo(マイネオ)」も爆遅四天王の仲間入りか

www.itmedia.co.jp

「楽天モバイル」「OCNモバイルONE」「So-net モバイルLTE」はドコモ系の格安SIMなんですが、このほどau系SIMをメインにリリースしている「mineo」も爆遅四天王の仲間入りを果たしました。0.53Mbpsはヒドいの一言・・・。

ただこんな情報も。こちらは国内モバイルマーケティング大手のMMD研究所が出したデータ。日別・エリア別ですが時間帯が分けられていない点はやや残念。平日5日間、14時~18時の時間帯で各サービス各駅3回計測した平均速度とのこと。平均は怖いよー。

f:id:tkcross:20151107225937p:plain

f:id:tkcross:20151107225940p:plain

東京の都心部では「mineo」がかなり健闘してますね。代わりに「b-mobile」がヒドい。東京では「楽天モバイル」「OCNモバイルONE」「So-net モバイルLTE」「b-mobile」が爆遅四天王の予感。

逆に契約推奨の格安SIMは?

現状、素晴らしい結果を残しているのはドコモ系なら「IIJmio」「DMM mobile」「FREETEL」あたり、au系なら「UQ mobile」ですね。この辺りはいつも善戦しているのでほぼ間違いないと言ってもいいでしょう。まあ、「IIJmio」「DMM mobile」はほぼおなじものと考えてもいいんですが、価格面で言えば「DMM mobile」ですかね。最低価格保証は強い。

「IIJmio」は老舗で、iOSのアップデートごとに、即座にアップデートを検証するなどサポートが強い。

www.iijmio.jp


これらの格安SIMはどの調査でもいい結果を弾き出していますが、格安SIMというのはいくら評判が良くても、その評判につられてユーザーがどっと増えれば、必然的に速度が落ちてしまいますので、これらおすすめ格安SIMたちがいつまでも安泰とは言えません。

あともう1つ言うなら、エリアが少し異なるだけで検証結果は大きく異なります。格安SIMは「〜年縛り」がないものも多く、大手キャリアと比較すればスイッチングコストが低めなので、この記事を参考にある程度見切りを付けて乗り換えるってのもありかもしれません。


Source:ITmedia