読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

much better 

京大卒のキワモノたちが金融、働き方、テクノロジー、最新の海外情報などを、アレコレと好き勝手に配信するブログメディア

「おうちダイレクト」の登場は、マンション売買新時代の幕開け!売却手数料がなんと無料

ライフ
スポンサーリンク

f:id:tkcross:20151106081820j:plain

マンション売買の新時代が到来しました。

5日、ヤフーとソニー不動産はマンションの所有者(売り主)と購入検討者(買い主)を結びつける個人向け不動産売買プラットフォーム「おうちダイレクト」を「Yahoo!不動産」で公開し、売り主向けのPC版サービスを開始しています(買い主向けのPC版サービスは11月16日に開始予定)。

売り主は成約仲介手数料無料

売り主は、不動産仲介会社を通さずに、自分のマンションを自分が決めた価格で売り出すことが可能で、成約仲介手数料が無料、買い主は「成約価格の3%+6万円」を支払います。

システムを通じて、買主は売主に質問できるほか、買い付けに相当する「購入希望の意思表明」も出すことが可能です。

実際の案内や制約に必要な手続き等の実業はソニー不動産が担当するとしています。

「不動産価格推定エンジン」を共同開発

両社は、売り主の価格設定を手助けするために「不動産価格推定エンジン」を共同開発。

ソニーR&Dのディープラーニング技術を核とし、ソニー不動産が持つ不動産査定のノウハウや不動産取引に特有の知識を導入したもので、不動産関連情報のデータを独自のアルゴリズムにもとづいて解析し、不動産売買における成約価格を統計的に推計するといいます。これにより、買い手は物件の「相当な価値」が分かり、売買が成立しやすくなります。

物件の価格やマンションの人気度などに関する情報を提供

新たに開始されたサービスでは、売り主と買い主のマッチング機能に加えて、物件の価格やマンションの人気度などに関する情報が提供されます。

これにより、マンション売買を今後検討する可能性のある人も取り込みたいとしています。

当初エリアは限定的

当初売買の対象は、東京都千代田区・中央区・港区・渋谷区・品川区・江東区のマンションで、今後随時拡大の予定とされています。

これはなかなか楽しみなサービスが登場しましたね。今のところ、マンションのみが対象という点のみが残念ですが、今後戸建てにも対応すると、ユーザーもどっと増える可能性があります。

不動産の売却を考えるユーザーにとって、手数料は非常に厄介な存在ですが、これが買い手側に移ったことで、マンション売買の新時代到来を予感させます。

Source:CNET