much better 

京大卒のキワモノたちが金融、働き方、テクノロジー、最新の海外情報などを、アレコレと好き勝手に配信するブログメディア

Apple公式のコブそっくりなダサすぎるiPhoneバッテリーケース、ティム・クックCEOは擁護

スポンサーリンク

f:id:tkcross:20151210120921j:plain

いやーダサい。実にダサい、ダサすぎる。

Appleが先日発売した、まるでラクダのコブを見ているかのようなiPhoneバッテリーケースについて、ティム・クックCEOは全力で擁護しているのでその必死な様子を紹介しておこう。

やっぱりうちの製品は最高だわー・・・(自信なさげ)

Appleのティム・クックCEOは9日、「Hour of Code」のセッションに登壇し、巷で話題を集めているコブそっくりなダサすぎるiPhoneバッテリーケース「Smart Battery Case」について以下の様なコメントを発しました。

「現在出回っているバッテリーケースの多く(Mophie)は、本体にバッテリーが沿っているため着脱がしにくい。その点、Appleが発売したSmart Battery Caseはシリコン製で、折り曲げることも可能なので、利便性に優っている。それにこのデザインをコブと呼ぶのはどうなのか。」

このコメントには、Appleファンとして違和感を抱いた人間も多かったのではないだろうか。Appleといえば先進的なデザイン・システムをいち早く導入し、ユーザーに提供してきた会社だ。それなのに、CEO自身がデザイン、特に見た目にはそこまで自身がない様子。

これは過去のAppleでは考えられない、もはや異常事態だ。

Appleの戦略がブレてきた?Apple帝国崩壊の危機か

世界ナンバーワンの企業と呼ばれて久しいAppleだが、ついにその帝国は崩れていくかもしれない。今のところその確信はないが、十分に崩れる可能性はあるといったほうがいいだろうか。

Apple Watchを発売した際にもそのデザインセンスのなさがバッシングを浴びたが、最近のAppleはデザイン部門がどうもおかしい。デザイン部門のチーフにはジョナサン・アイブが長く就いているが、彼のセンスに問題が発生したきたのか、それともデザインに対する意識が希薄になっているのか定かではないが、今回の未完成すぎる製品「Smart Battery Case」を世に出したことからも、かなり闇は深そう・・・。

とにもかくにも、企業の根幹をなす部分がこれでは、Appleのお先が暗そうだ。

Source:Tim Cook lauds new iPhone 6s Smart Battery Case design as easy to use