読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

much better 

京大卒のキワモノたちが金融、働き方、テクノロジー、最新の海外情報などを、アレコレと好き勝手に配信するブログメディア

有名校卒、大企業一筋より、SFでUberやってる主婦の方がよっぽど畏敬の念を抱く話

スポンサーリンク

f:id:jingumaruta:20160123123422j:plain

こんにちは、jingumarutaことマットです。

サンフランシスコ(SF)では70代の老夫婦ですらUberプールを利用する程、アメリカ西海岸中心に世界中で浸透しているUberウーバー
15年12月には21億ドルの再増資を申請し、その評価額は7兆円を超す勢いです。
日本人にはいまだ聞きなれない同サービスと非常にエネルギッシュなUberドライバー達についてご紹介します。

Uber(ウーバー)ってたまに聞くけど歌手だっけ?

f:id:jingumaruta:20151213175953j:plain

Uberとは簡単に説明すると、専用スマホアプリ内のみでタクシー配車(出発・目的地設定)から支払いまでを完結できる次世代の移動手段です。

また画期的な点として、Uberドライバーは従来のタクシー運転手と違い、例えば普段は主婦をしていて空き時間で従事するというケースが大半を占めます。
当然Uber社による審査に合格した上でのサービス提供なのでご安心を。

以下が簡単なサービスイメージ動画です。

Uber Tokyo original video

より詳細な情報は公式サイトを見てみましょう。
https://www.uber.com/ja/cities/tokyo

結局従来のタクシーとの違いは?

  1. 配車が死ぬほどラク
  2. お財布の中身の心配無用
  3. 安価なコスト・領収書の管理がラク

違いは大きく3つ。
一つ目は、とにかくUber(車)を呼ぶのは極めて簡単な点です。Uberアプリを立ち上げると、既に現在位置にマークがついており*迎車して欲しい位置にピンを置くと迎えまでの分数が表示されます。
f:id:jingumaruta:20151213184703p:plain
*位置情報提供を許可している場合

ちなみにUber先進エリアSFではうじゃうじゃとUber車が市内を走っています。
f:id:jingumaruta:20151213185637p:plain

二つ目は、事前にアプリへ登録したクレジットカードより支払いがされるので乗車時に所持金の心配が要らない点。長距離乗る時は少し心配になる事もUberでは解決されます。

最後に、とにかくUberは価格が安い!例えば、サンフランシスコ市内なら$4.75から乗車できます。複数人で利用するUberプールを使うと、運賃は安くなります。
日本ではまだUberが浸透しきっていないため、大きなメリットではありませんが近い内に流しのタクシーを拾う事は無くなるでしょう。

Uberは乗車後に登録メールアドレスに領収書が届くので、会社飲み会後のタクシー経費精算も極めて楽になります!

Uber始める際は必ずプロモコード利用を!

どのサービスでも最近紹介コードを利用するとお得な様に、Uberもまた初回運賃2,000円分無料になります!
Uberアプリをダウンロードして、プロモーションコード「92zu3」を入力して2,000円分無料乗車しましょう。
f:id:jingumaruta:20151213231911p:plain

日本の"エリート"なんかより100倍クールなUberドライバーとは?

f:id:jingumaruta:20151214083946p:plain
敷かれたレールを低速で走っていく日本的エリートよりもUberドライバー達の多くは非常に興味深いバックグラウンドを持ち、今を生き、夢を持っています。

例えば、私が良く利用するサンフランシスコのUberドライバーは、ブラジル・グアテマラなどの南米やインド・モンゴルなどアジア圏からの移民などが非常に多いです。

彼らの多くは他にメインの仕事を持ちながら隙間時間でUberドライバーをやっています。
中には二児の母で自分の夢である美容サロン開業のために日中Uberでお金を稼ぐなんていう主婦も全く珍しくありません。

遠い異国からやってきて定職に就きづらい移民にとっても、副業として資金を稼ぎたい人にとっても車社会のアメリカにおいてUberは最高の副業です。
彼らはそれを一生やるつもりは毛頭なく、次のキャリアのための準備期間として捉えています。


f:id:jingumaruta:20151215184953j:plain
移動の2、30分話すだけでも、やはりアメリカで成功してやろう!という意気込みを持った彼らの話は、銀座や六本木で会社名を振りかざして大きな顔をしている"エリート"よりも遥かに面白いですよ。

皆さんもぜひ海外に訪れた際は、Uberをさくっと呼んで大志を抱いたドライバーに感化されてみてはいかがでしょう。


以上、jingumarutaでした。