much better 

京大卒のキワモノたちが金融、働き方、テクノロジー、最新の海外情報などを、アレコレと好き勝手に配信するブログメディア

イケダハヤトが高知県知事になる日

スポンサーリンク

 

http://www.flickr.com/photos/58881263@N02/16122933127

 

みなさん、プロブロガーのイケダハヤト氏をご存知でしょうか。

高知県に移住し、「まだ東京で消耗してるの?」という非常に挑発的なブログタイトルで、多くの炎上を創り上げてきたプロブロガーです。
本日は、超私的イケダハヤト論について述べてみようと思います。

 

個人的に、イケダハヤトは嫌いではない

個人的には、イケダさんは嫌いではないです。
嫌いではないというか、なぜか記事を読んでしまう。
正直、けっこう昔からイケダさんのブログは読んでるし、だいたいパターンもわかってきたし、東京でぃすって高知をレコメンド、弟子を募集していて、弟子が優秀すぎて困るアピール、まだ電通で消耗してるの?みたいな大企業批判、などなど結構パターン化はされている。
でも、なぜか読んでしまう。
なんでだろう。
ある程度展開が読めるのが快感なんだろうか。
自分の望ましい結論が見えて、たぶんこうだろうなぁとおもって読むうちに、あぁやっぱりキタねとなる。なんか快感だ。イケダマジック。

イケダハヤトの魅力は非常に戦略的に考えられた生き方

話が少し脱線しました。
個人的に、イケダハヤト氏の魅力は非常に戦略的に考えられたその生き方にあると思ってます。
炎上とかではなく、その生き方です。ポジションの取り方っていうのかな。
なんつーか、炎上とかさせてるようにみえて、いろいろ考えた上で炎上も高知移住もしているように見える。
イケダハヤト氏のいう、大企業批判とか地方への流れとか、その流れはたしかにあるし、長期的なトレンドだ。
米国でもイケダハヤト氏のいうような世界が広がっているし、日本も国策で地方創生やらベンチャー支援とかしているわけで、実はかなり世の中の流れにのっている。
電通の若手を煽って、地方のほうがクリエイティブな仕事できるよっていうのはたしかにそのとおりだと思ったしね。
あとは、イケダハヤト氏ってたぶん、ルネサステクノロジとかの出身なのかな?
ああいう、日本的大企業が潰れた瞬間にいたみたいな経験もあって、彼は大企業批判を繰り広げているんだろう。
非常に説得力があって良いと思う。

イケダハヤト氏は高知県知事になる気がする

正直、このままイケダハヤト氏が高知県で発信を続ければ、高知県知事くらいになるんじゃないかと思っです。
だって、圧倒的に彼のおかけで高知県潤うとおもうし、今後ね。
あんだけPRしてくれたら高知県のひとらも嬉しいだろう。
出馬したらまじで当選する気がしている。
で、これってよく考えてみたらすごいことで、イケダハヤト氏って頭いい人だと思うけど、たとえば、孫正義とかホリエモンとかクラスではないと思うわけですよ、でも、そんなスーパートップクラスの人ではないにしても、ポジションとって、情報発信して、ぶれずに持論を述べ続ける、これだけでファンはつくし、年収2000万円いくし、高知県の知事くらいにはなれるわけですよ。もはや、高知県知事になれる前提で書いてますけど。筆がのってきました。
これってまじで新しい生き方だよな。
21世紀的な生き方。
一般的なふつーの人が、ブログでちゃりんちゃりん収益がはいって、年収2000万円、自分にはファンがたくさんいて、たまにLINEの田端新太郎氏と激戦繰り広げて世間の注目を集める格闘家のような側面もある人生。
いいなぁ。楽しそう。

イケダハヤト氏を見習って、地方でポジションはれば、政治家にもなれるんじゃね?

というわけで、イケダハヤト氏には見習うところがいろいろ多い。
盲目的に社畜を続ける人も、イケダハヤト氏のような人がどんどん増えていけば、会社の奴隷でいる意味なんてなくて、もっと自由に人生を謳歌しながら毎日生きていく、そんなことができるような気がしている。
というわけで、イケダハヤト氏の言論には今後とも注目していきましょう。
以上、ブランクファインでしたー。
photo by mila-sera