読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

much better 

京大卒のキワモノたちが金融、働き方、テクノロジー、最新の海外情報などを、アレコレと好き勝手に配信するブログメディア

「自分メディア」をつくることで、人生でやりたいことは全部実現できるし、人材価値も爆上がりするよ。

スポンサーリンク

自分メディア 情報発信 こんにちは、blankfeinです。 先日、tkcrossがブログをやることのメリットって記事を投稿していたけど、本日は、blankfeinも似たような話をしたくって、「自分メディア」をつくることで、ほとんどの夢は叶うし、人生でやりたいことも全部実現できるよって話をしたいと思う。特に、いま会社員をやってる人に読んでほしい。

メディア業界に入れば、特権階級になることができた

メディア業界って憧れる人が多いけど、なぜかっていうと、メディアの看板を生かして、有名人とかに会えたり、仲良くできたりするからってのが多いと思う。まあ、ミーハー的なところで惹きつけてるところは否定できないだろう。だから、彼らはいわば特権階級な存在であったし、いまも若干そうだ。右肩下がりとは言われながらも、blankfeinの知り合いも、大手出版社で雑誌編集と書籍編集をやっているが、羨ましいぜーって思うことは多い。特権階級な人たちに会える彼らって、やっぱり特権階級だ

自分メディアをつくれば業界人になれる

で、そういう特権階級的なメディア人になりたくて、みんなそういう業界に入ろうとする。テレビ局も人気だし、出版社とかも相変わらず難関だと言えるだろう。でも、そんな難関を潜り抜ける必要もなく、メディア人になって、会いたい人に会える方法がある。それが「自分メディア」をつくることだ。ブログでもいいし、フェイスブックでもいいし、ツイッターでもいい。最近話題のサービスのnoteとかでもいいだろう。

情報発信をすることで、フォロワーが集まり、見込み客になる

とにかく情報発信をすることで、フォロワーという名のファンがつき、彼らは見込み客になる。ビジネスというのは、集客することがすべてといってもいいくらい大事なんで、それができればマネタイズなんて簡単だ。いまの時代だと、マネタイズセンスがなくとも、グーグルが最適化された広告を最適化されたタイミングで出してくれるし、まじで簡単に稼ぐことができるから、何よりも大切なことは、集客であり、そのためには、自分メディアをつくることが一番の近道なのだ。

自分メディアをつくれば、転職でアピールできるスキルや実績もできるよ

ブログやることでアドセンスで月10万円とかアフィリエイトで月10万円とか稼ぐことを目的にしてる人が多いと思うけど、確かにそれも嬉しいんだけど、ブログでやると転職でアピールできるスキルや実績ができるよってことも忘れてはならない。たとえば、記事かけます、コンテンツ作れます、ワードプレスで投稿できますってのもスキルだし、ワードプレスいじれます、HTML書けます、PHP書けますとかになると、かなりメディア業界で重宝されそうだ。いまや、オールドメディアもデジタル編集部がけっこうな力を持ってきているし、コーディングができるってのはかなりのスキルだよ。

「グーグルアナリティクス使えます」も評価されるスキル

あとは、ブログ入れると、みんなグーグルアナリティクス入れてほしい。そうすると、ウェブマーケティングとか分析とかのスキルになる。異業種、たとえば金融業界からやってきた人が、ウェブマーケティング用語面接で連発して、ユニークユーザーがこうで、直帰率がこうなんでみたいな話したらびっくりするだろう。 あとは、アドセンスとか記事広告もいれたりすると、広告業界についてもわかるし、そのあたりもスキルの掛け算って点で非常に有用だ。

ゼロからイチをつくった経験を語れるのは最強の実績

まあ、でも一番はゼロからイチをつくりだして、自分の力でマネタイズしたって経験を語れることだろう。会社員って基本的に、ゼロからイチをつくりだすなんてことは仕事でしないし、新規事業やってる部署にいたとしても、社長にやれーって言われた仕事をやるってことが多い。いわば、社長の思いつきを形にしようとして、でも、できませんでしたってことも多い部署で、あんまりいい経験はできない。でも、個人でメディアをつくると、ゼロからサイトやブログを立ち上げて、フェイスブックでいいね増やしたりして、集客して、アドセンスで稼ぎましたとか、そっから商品売って稼ぎましたとか、そっから講演会につなげましたとかコンサルにつなげましたとか、ほんとのビジネスができる。これを語ると、面接で圧倒的な差別化体験になる。

自分メディアも含めて自分の人材価値である

あとは、その会社に入社後も、そのメディアは媒体として使えるんで、その価値も含めて人材価値になる。だから、blankfeinが次、転職するとしたら、自分の価値プラス自分が運営してるメディアの価値も含めて価値を計算すべきってことを主張したいよね。だって、そうだよな、blankfeinを入社させることができたら、blankfein自身もプレーヤーとして会社員としてのバリュー出すし、メディア力生かして、人材採用手伝いますよとかもできるし、その会社が売ってる商品とかサービスを宣伝することもできる。だから、人材価値を高める本当に最強の方法は、MBAをとることでもなく、米国公認会計士を取ることでもなく、自分メディアを持つことなのだ。だから、昔書いた記事で、就活生はゴールドマンサックスやマッキンゼーにいくんじゃなく、はあちゅうを目指せってかいたんですよね。まさにそういうことです。はあちゅうは、慶応から電通いってトレンダーズ行ってっていうキャリア女子なだけじゃなく、はあちゅう自身がメディアだからこそ、21世紀における最強の人材ははあちゅうなのだということだ。

blankfeinのひとりごと

最近は、分散型メディアがうんたらかんたらで自社ブログを持つことすらオワコンっていう話もあるけど、たとえそうなったとしても、自分の頭の中にあることをテキストで書き残しておくのは、資産になるし、絶対収益を生む。だから、自分メディアを持とうってことです。ではでは、blankfeinでしたー。