much better 

京大卒のキワモノたちが金融、働き方、テクノロジー、最新の海外情報などを、アレコレと好き勝手に配信するブログメディア

3メガバンクの主要財務データについてちょっと調べてみたら、三菱UFJの圧勝だったって話。

スポンサーリンク

メガバンク こんにちは、blankfeinです。 直近期における3メガバンクの財務データの比較がしたくなったので、ちょっと調べてみました。一旦は主要なデータだけ。都度都度追加していく予定。

売上高は、三菱UFJが5.6兆円

1位:三菱UFJフィナンシャルグtループ 5,638,402(百万円) 2位:三井住友フィナンシャルグループ 4,851,202(百万円) 3位:みずほフィナンシャルグループ 3,180,225(百万円) とのこと。驚くべきは、みずほフィナンシャルグループは、三菱東京UFJ銀行三井住友銀行にフィナンシャルグループ全体でも勝ててないってこと。けっこう歴然の差があるのね。

当期純利益は、三菱UFJが史上初の1兆円突破

1位:1,033,759(百万円) 2位:753,610(百万円) 3位:611,935(百万円) これが例の三菱UFJ当期純利益1兆円ってやつね。昔ニュースになってたよね。 [blogcard url="http://toyokeizai.net/articles/-/70153"]

明暗を分けたのは海外展開だ。三菱UFJは5000億円超を投じて買収したタイのアユタヤ銀行が2015年3月期から初めて連結化。純利益を382億円押し上げた。このほか、米国の商業銀行・ユニオンバンクを買収した米国子会社が892億円、三菱UFJが21%出資する世界的金融機関モルガン・スタンレーも748億円、純益で貢献した。海外グループ会社が稼ぐ利益は、三菱UFJ純益1兆円の約2割に及ぶ。

時価総額も、三菱UFJの圧勝。三井住友とみずほは同水準。

1位:11,193,395(百万円) 2位:6,641,819(百万円) 3位:6,180,646(百万円) これも三菱UFJの圧勝。三井住友フィナンシャルグループみずほフィナンシャルグループの間に、そんなに差がないのが意外だ。

blankfeinのひとりごと

予想どおりなんだが、どの面でも三菱UFJの圧勝でした。まあ、収益性分析とかしたら、もっとほかの銀行が上位にきそうだけど、あおぞら銀行とかね。あとは、金融業界では、地銀の再編が進んでいて、いわゆるメガ地銀も生まれてきているので、りそなあたりの規模の金融機関が続々生まれてくる予感。そのあたりの記事も、今後書いていきたいと思います。ではでは、blankfeinでしたー。