読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

much better 

京大卒のキワモノたちが金融、働き方、テクノロジー、最新の海外情報などを、アレコレと好き勝手に配信するブログメディア

婚活女子は、合コンにいくより、婚活パーティーにいくより、ランニングにいくのが結婚への一番の近道だと思った話。

出会い
スポンサーリンク

 

http://www.flickr.com/photos/72098626@N00/3049152556

こんにちは、blankfeinです。

昨日、後輩からLINEで「いまから美女とランニングするんでこれる人?」ってメッセージきて、ホイホイいってきましたよ。麻布十番からレインボーブリッジまで10km走ってきました。まあ、疲れたね、疲れたけど、たしかに美女はいた。そして美女と仲良くなった。そして思った。
合コンよりランニングの方が美女と出会えるきがする。
オイーンン!!

合コンはオワコン

まさかの合コンオワコン説。
でも、知り合いの女友達にいったらたしかにそうゆうてた。
彼女いわく、合コンに来てる時点でメンズとしてのレベルが低い
これは手厳しい。
手厳しいけど、たしかに、たとえば本田圭佑が合コンにいってるかって言われれば、行ってないし、まあちょいわかる。
あと、合コンで出逢ったというシチュエーション自体がいまいちとのこと。
たしかに。
彼女いわく、合コンは自分のオンナとしての市場価値を確認しにいくものだそうな。まじかよわろす。

合コンよりランニングで美女と仲良くなるべし

ランニングは出会いにもいい。
それにいろいろ生産的だ。
飲み会形式の合コンだと、まずお金がかかるし、男がおごらないといけない。
ご飯食べるし、お酒飲むから太るし、アルコールで二日酔いで翌日もいまいちになる。
なにより、なにも収穫がないとき、俺はいったいどれだけ空虚な時間を過ごしてしまったんだーオイーンン!ってなってしまう。
これはまじ避けたい。
一方で、ランニングは素晴らしい。
まず、お金がかからない。
かかるとしても、ポカリを買ってあげるくらい。
そして、もちろん痩せる、体にいい。
汗をかいて老廃物もでていく。
二日酔いのかわりに筋肉痛がでるかもやけど、まあそれもまた良し。
なにより、いい感じで仲良くなれる。
なんつーか、ランニングしてるもんどうし妙な連帯感もあったり、なんかいい。
ランニングで友達連れてきたとか、新たな出会いも期待できる。

美女のみならず、仕事上の人脈もランニングで得られる

ランニングは美女もやってるけど、エリートビジネスマンも走る人は多い
俺の後輩は、ランニング経由でいろんな業界の人脈が得られているそうな。
こうゆうゆるい社外のつながりというのは実は重要だ。
できるビジネスマンほど鍛えてるから、まじで女の子からしても、合コンにいくより、ランニングにいくほうが、いい男と出会えるってゆうのは、言われてみればそらそうだよなってはなしやで。
女の子も、結婚したい、結婚したい、っゆうてるけど、要するに、世間的にいいとされる社会的評価の高い男と結婚したいわけで、そうなると、合コンよりランニングとかのほうが絶対いい男はいる
婚活セミナーとかいったり、東京タラレバ娘読んでる場合じゃなく、まじでランニングに女子は向かうべきなのだ。
あれ、脱線してきた。

ランニング中の夜景は最高である

夜に走ると、東京の夜景が見れて、俺、東京で暮らしてるなぁ感も得れて楽しい。
まじでランニングはオススメ。
村上春樹も走りながらアイデアを得ているという。
仕事に疲れたら、読書に疲れたら、テレビをみるんじゃなしに、ランニングしよう。ランニングで体を鍛え、美女と出会い、春樹の着想を獲得することで、最強ビジネスパーソンへの道は開ける。
さあ走れ!走れーーーオイーンン!!
以上、ブランクファインでした!
photo by Ed Yourdon