much better 

京大卒のキワモノたちが金融、働き方、テクノロジー、最新の海外情報などを、アレコレと好き勝手に配信するブログメディア

結婚はオワコン!あと数年で、日本でも「事実婚」が当たり前になる

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/52494613@N00/1364990806

世間であたりまえと思われている常識は、いとも簡単にくつがえることがある。

結婚制度もそのひとつだろう。

 

あと数年で、日本でも「事実婚」が一般的になる

正直、いまの婚姻制度はかなり前時代的で、少子化の原因になっている部分もある。

欧米先進国では、事実婚はかなり一般的なものになっているようだ。

北欧やフランスなんかでは、生まれてくる子供の60%が婚外子。

他の欧米諸国でも、50%くらいなようだ。

日本だけが、いまだに婚外子が2%程度。

できちゃった結婚は、すでにあたりまえになった。次は、事実婚

基本的に、日本は欧米の後追いをすることが多い。

ソフトバンクや楽天も、米国のモデルを日本で持ち込んで成功した例だ。

タイムマシン経営という言葉もある。

文化的な面でもタイムマシンはありうる。

欧米で起こった文化的なパラダイム・シフトが、日本にも遅れてやってくる。

数年以内に、事実婚もあたりまえの選択にいなっている可能性も少なくない。

できちゃった結婚も、もはた一般的なものとなった。

ほんの5年前、どうだっただろう。

まだ、できちゃった結婚で顔をしかめていた人も多かったのではないだろうか。

でも、いまは違う。

できちゃった結婚は、タブーでもなんでもなくなった。

芸能人やセレブがはじめると、一気にメジャーになる。胡散臭さがなくなる

世間に影響力の大きい芸能人やタレント、スポーツ選手が、できちゃった結婚をするようになってから、だいぶ当たり前になったように感じる。

未婚の母とかもそう。

こうしてみると、有名人の影響力ってすごいなって思う。

安藤美姫とかもそうだし、サエコもそうだよな。

サエコはさらに、ゾゾタウン創業者と付き合っているみたいで、21世紀型の新しい女性観をつくっている気もしていて、個人的には注目してる。

そして、ダルビッシュもおそらくは、山本聖子と事実婚することだろう。

最後に

最近では、はあちゅう史も彼氏はいるけど、結婚はっていうと、、みたいな発言をしていた。

結婚しない自由みたいなものができてくるといい。

はあちゅうみたいなインフルエンサーがそういう流れをつくりだしてもらうといいなと思う。

結婚するのもいいけど、結婚しないのもいいよ!

みたいな。

以上、ブランクファインでしたー。

[http://www.flickr.com/photos/52494613@N00/1364990806:title=photo by FotoRita [Allstar maniac]]