much better 

京大卒のキワモノたちが金融、働き方、テクノロジー、最新の海外情報などを、アレコレと好き勝手に配信するブログメディア

お会計時に「ごめん、今おっきいのしかなくて」って万札見せながら男に奢らせる女子は非常に許しがたいって話。

スポンサーリンク

sandberg   こんにちは、blankfeinです。   昨日、銀行時代の同期とLINEをやりとりしていて、彼が非常におもしろいことを言っていたので、共有しておく。

「ごめん、今おっきいのしかなくて」は男子に奢らせる常套手段

彼いわく、デートして、ごはん食べて、「さあお会計」ってなったときに、きまって、「ごめん、今おっきいのしかなくて」とか言いながら、結局一円たりとも払わず、男に奢らせる女子が急増しているとのこと。   わかるわかる、わかるぞ。なんつーか、この手段は「うまいな」って思う一方で、言葉を選ばずに言えば、非常に「姑息」な手段とも思うわけで、はっきりいって「卑怯」で「悪質」だ。   なにが悪質かというと、まず払う気もねーのに払う気あるふりして、自分の評価をあげようとしてることだよな。まじ、頭のなかでは一円たりとも払う気ないくせにね。うん。   まあ、一円たりともっていうのは言い過ぎかね、そういう女子はおつりだけやたら払いたがる。千円札は持ち合わせてないくせに、小銭はジャラジャラもっているわけだ。非常に耐えがたいことにね。   で、「次、払うねー」とかゆってくるものの、結局払わないみたいなパターンが多いんよな。非常に耐えがたいことだ。

男も奢ることで自分を大きく見せたい願望を捨てろ

なんか、「男が女に奢るのがデフォルト」みたいな風潮はマジでやめてほしい。男も奢ることに関して妙にジェントルぶるやつがいて気にくわない。   いるじゃないすか、「女の子は美容代にお金がかかるからね」みたいな感じで颯爽とお会計をすまし、さすがー!みたいに表面上は言われている男子。そういう男もダメだわ。女子を甘やかせている。

自分で食った分は自分で払うのがデフォルトでしょ

化粧品にお金がかかろうが、服にお金がかかろうが、自分で食った分は自分で払うのがデフォルトだろ。もちろん、男側からしても、「楽しかったから全然払うよ」みたいなときは喜んで払うんだけど。がしかし、男が払うのがデフォルトだろみたいな女子には非常に腹が立つね。   blankfeinの周りでも、ちゃんとした自立した女性はちゃんと自分である程度は払ってるね。全部とは言わないまでも。そして、そういう子のほうが、人間的にちゃんとしているから、いろいろいい繋がりみたいなものを紹介したくなったりする。だから、長期的にみれば、人間的に優れた女の子のほうがいろいろなもん得れるんで、男をアッシーとかメッシーとか扱いして、女子会でバカにしてるような女子は、一刻もはやく日頃の言動を改め、反省しなさいということだわね。

奢ってもらう女子じゃなく、自立した稼げる女子がこれからモテる

なんか、奢ってもらうことを目指しても、最終的にはどんづまるから、奢ってもらう必要がない自立した自分をつくるべきやと思う。ほんとに。   たぶん、多くのOLって、東京は家賃高いし、いろいろ服買ったりとかで、けっこう貧困なんで、だからこそ奢ってもらえる男性つかまえようみたいな、パトロンみたいなパパを捕まえとこうみたいな発想の女子が多い気がする。   港区に家がある男子と付き合って、そこを自分の家同然に使うとか、そういう女子も多いよね。で、そういう女子ほど自分のこと戦略的で頭いいとか思ってたりで、「ふつーに考えたらやるよね?」みたいに自分はうまいことやってるみたいに思ってるけど、そういう女子は将来的にどんづまると思うし、はやくちゃんと自分の人生に向き合ったほうがいいって思う。

若さや外見は永遠のものではない

結局、パトロンみたいなパパ捕まえても、そのパトロンは、その女の子がただただ若いから付き合ってるわけで、別にいくらでもかわりはいる。   20代前半は需要あるかもしれないが、20代中盤でもまあいけるけど、30代が近づいてくるにしたがって、とたんに自分の女としての需要が先細っていくことにきづけといいたい。   なんつーても、外見とか若さを売りにしても、そういうものって永続的なものじゃないんで、必ず減価していく。恐ろしいことにね。   厳しいことゆうようだけど、固定資産で耐用年数とかがあって、減価償却して最後にはわずかな価値しか残らないってのは会計学の伝えるところだけど、まさに外見でも同じことがいえて、どんなに美人でもどんなに可愛くても、必ず外見というものは、劣化していく。   だから、まじで、外見以外の部分で、魅力的なところをつくっていかないと、いままで自分に寄ってきていた男がとたんにサーってどっかいってしまうことになりかねない。まじで。それは避けたいでしょ。

結婚を人生のゴールにしてはならない。夢や目標を持って毎日を生きよ

なんつーか、そういう変に恋愛に意識高めで望んで、まだ若いのに、結婚目指しながら、女子会開いて、互いに互いをマウンティング、みたいな女子ほど、うまく結婚できなかったときが悲惨だ。   結婚を人生のゴールにしてしまうことで、量産型女子になってしまって、中身がスッカスカのコンテンツのない女子になる。   で、結婚までの計画がうまくいかなかった場合、けっこう悲惨なことになる。だから、まじでちゃんとした自立した自分にるってことを目指すべき。

男としても、稼ぐ力のある奥さんは最強に頼もしい

やっぱり、男としても、結婚したいとか専業主婦になりたいみたいな女の子は、おもんないんですよね。まあ、もちろん、たとえば、母子家庭で育って、お母さんに育ててもらったから、はやく孫が見せたいみたいな子だったらいいよ、全力で応援する。   が、しかし、自身の肥大化した承認欲求を満たすべく、女子会で優位に立ちたいがために、世間的に見ていわゆるいい男と結婚しようとする女子は、まじでどんづまるということをおぼえておくべきだ。   それに、今の時代、共働きが当たり前だし、正直、オトコは稼げる女子のほうがいいと思ってる。所得が多くて、全然養えますよっていうエリートも、専業主婦じゃなく、働くとかなんらかのアクティビティをしてほしいと思う人間が多いように思う。

最後に

そういう時代背景とか踏まえても、女の子は結婚して専業主婦になる!ってのをゴールにするんじゃなく、自立して男に頼らず生きていける女子みたいなものを目標にしたほうが絶対いい。   そっちの方が婚活戦線でもモテるし、婚活戦線から離脱するってなったときも、ぜんぜん毎日楽しく生きていける。それに、これからは結婚しないのも一つの選択肢ってなるような気がしているから、そういう生き方を認める土壌はできてきているように感じる。   というわけで、疲れたので今日はここまで。ではでは、blankfeinでしたー。