読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

much better 

京大卒のキワモノたちが金融、働き方、テクノロジー、最新の海外情報などを、アレコレと好き勝手に配信するブログメディア

カプセルホテル「東京有明BAY HOTEL(ベイホテル)」がオープン!一泊なんと2,500円〜で、美しいホテルステイが楽しめる♪

スポンサーリンク

f:id:tkcross:20151215231442j:plain

またも魅力的なカプセルホテルがオープンするようなのでご紹介しておこう。

2015年12月23日にオープンする「東京有明BAY HOTEL」は、先日ご紹介した「東京日本橋BAY HOTEL」の系列店だ。

risokyo.hatenablog.com

非常に魅力的な価格で、美しい館内設備が魅力的なカプセルホテルである。

りんかい線 東雲駅より徒歩4分の立地

「東京有明BAY HOTEL」の特徴はなんといってもその立地の良さだ

ホテルは、りんかい線 東雲駅 徒歩4分で、ビックサイトでのインベント参加には、国際展示場駅まで1駅2分という位置にある。

お台場地域へも、東京テレポート駅まで2駅4分、りんかい線は、埼京線と直通運転なので、新宿・渋谷・池袋・大井町に乗換無しで行くことができる。

また、新木場駅まで1駅2分なので、京葉線に乗り換えて東京駅まで約17分、舞浜駅まで約12分有楽町線に乗り換えて、豊洲や有楽町も20分以内となっている。

リーズナブルな価格設定、なんと2,500円から

f:id:tkcross:20151215232045j:plain

リーズナブルな価格設定も魅力だ。

価格はなんと2,500円からで、グループホテルの東京銀座BAY HOTELや東京日本橋BAY HOTELよりもリーズナブルな価格で宿泊することができる。予算とホテル内の美しさを求めるユーザーは「東京有明BAY HOTEL」を選ぶとよいだろう。

全146室のうち 140室が男性向けカプセルユニットタイプ、6室が女性向けの個室(2段ベット)タイプとなっており、やや男性的なホテルではあるが、先日訪問した「東京日本橋BAY HOTEL」では女性向けのフロアが用意されていたり、カード認証があったりと、セキュリティもしっかりしていたので、女性にもおススメなカプセルホテルと言えそうだ。

美しい共用スペース

f:id:tkcross:20151215232419j:plain

共用スペースも美しく、使用する際のモチベーションが上がりそうだ。

東京日本橋BAY HOTEL」でもそうだったが、共用Wi-Fiは速度も素晴らしく、空いている時間はストリーミングで映画視聴を楽しむことも十分にできた。

なお、部屋設備や備品は以下の通り。

テレビ、インターネット接続(無線LAN形式)、ボディーソープ、シャンプー、リンス、コンディショナー、ハミガキセット、タオル、バスタオル、くつろぎ着の作務衣、スリッパ

リーズナブルな価格設定とは裏腹に、宿泊に必要な物は全て揃っている。同じホテルグループが運営しているので、よければ「東京日本橋BAY HOTEL」について書いた過去記事を参照して欲しい。

予約は以下からどうぞ。